English  個人情報保護方針 
原料・OEMのお問合わせ 03-3269-8815 平日9:30〜18:30 会社概要
株式会社カリテスジャパントレーディング
株式会社
カリテスジャパントレーディング

2020年8月1日付けで、株式会社カリテスジャパントレーディングの事業を株式会社エストラボで対応することとなりました。

お問い合わせの際は、上記連絡先までお願い致します。
株式会社カリテスジャパントレーディング
事業案内
製造技術
OEMのご案内
プラセンタとは
  製造技術  プラセンタたんぱく分解

プラセンタたんぱく分解 - degradation of the protein

製造技術

> プラセンタたんぱく分解
> プラセンタ超高圧抽出
> プラセンタ高圧熟成 > 製品加工施設・設備 > 取り扱いプラセンタ一覧
> 品質管理と安全性の取り組み
 検査設備
 ウマプラセンタエキス 分析結果
業務用化粧品のエストプロショップ

たんぱく分解の効率化と低臭化を実現

たんぱく分解の効率化と低臭化を実現<空>
プラセンタの原材料となる胎盤を、加水分解釜(食品用または化粧品用)でたんぱく分解を行います。これは、プラセンタの主成分であるたんぱくをアミノ酸レベルまで分解するという、プラセンタ原料を造る上で重要な工程となります。
加水分解釜には当社独自の装置により、振動エネルギーを与えおります。これにより、酵素の働きが活発になり、加熱時間を短縮でき、残渣(残りかす)が少なくなります。言い換えれば、胎盤から効率良く栄養分をプラセンタ原料にできるということです。また、加熱時間を短縮できることで、プラセンタ独特の「臭い」の発生を根底から低減できます。(以上、振動エネルギーを加えない加水分解釜と比較)
食品用加水分解釜食品用加水分解釜   化粧品用加水分解釜化粧品用加水分解釜

カリテスジャパントレーディングのプラセンタ製造技術

プラセンタたんぱく分解 - 臭いの発生を根底から低減
プラセンタ超高圧抽出 - マッハで衝突粒子の微粒化
プラセンタ高圧熟成 - 熱処理しない高圧熟成殺菌
カリテスジャパントレーディングがプラセンタ原料の製造について長期に渡る研究と試行錯誤の結果、独自のプラセンタ製造技術を確率いたしました。それが「カリテスJPプラセンタMTソリューション」(Charites JP Plasenta Manufacturing Technology Solution)です。
「カリテスJPプラセンタ」の最大の特徴は、「特殊加水分解釜によるたんぱく分解」、「超高圧抽出」、「高圧熟成」といった新しい製造工程により、微粒化、微臭化、熟成を究極に施しており、食品原料や化粧品原料に高い評価を頂戴しております。
 > プラセンタのたんぱく分解  > プラセンタの超高圧抽出  > プラセンタの高圧熟成
お客様総合窓口
2020 © Charites japan Trading Co., Ltd.
個人情報保護方針